私たちの想い

「御社のリスク管理部でありたい」これが弊社の信条です。

保険というものは、お客様と保険会社がいれば成り立ちます。
仲介者、つまり代理店が存在する金融サービスは、保険くらいかもしれません。

では保険に代理店が存在する意義は何でしょうか?
お客様が私たちに望まれることは何でしょうか?

私たちが存在する意義を、お客様の立場で考えてみたら、
お客様が望まれるのは「情報提供」と「事故処理」なのだ、という答えにたどり着きました。

情報提供

「『保険の営業』をして欲しい!」 そう望まれるお客様は、ごく少数ではないかと思います。

しかし、
「今の私に本当に必要な保障は何だろう?」
「今の保険は、補償内容も保険料も、私(自社)にとって本当に最適といえる保険なのか?」

そんな疑問を持たれ、情報を求めている方は、多くいらっしゃると思います。
そんな皆様に、丁寧で内容の濃い情報提供を行なっていくことが、
私たちがお客様に求められる存在意義のひとつです。

このため、弊社の社員には、「ノルマ」や「売上による評価制度」はありません。
ノルマは、不要な商品をお客様にお勧めするきっかけになるかもしれません。
売上による評価をすると、「御社のリスク管理部」として、コスト削減の提案ができなくなるかもしれません。

私たちは、保険料の売り上げよりも、信頼を高めるための仕事をいたします。

事故処理

私たちは、「保険の本分」は、万が一の際にお客様をお守りするところにあると信じています。

損害保険においては、加害者や被害者になるなど、事故の相手が存在する場合があります。
企業であれば、企業価値を失墜しかねない重大事故が起こるかもしれません。

お互いに人間ですから、心情を害していたり、損得勘定が働くなど利益相反するなか、
いかにスムーズに解決に導くことができるのか?

いったい誰が、最後までお客様に寄り添えるのか?

私たち代理店の存在意義のもうひとつは、お客様にとって最も頼れる存在になることです。

私たちは中堅中小企業に特化した保険代理店として、この地域で育てていただきました。
これまでに培ってきたお客様への想いや保険の知識・技術をもって、
法人・個人を問わず多くの皆様にご恩返しをしたいと考えています。

弊社は保険会社の代理店ではなく、「御社のリスク管理部」として、これからも邁進いたします。

日商保険コンサルティング株式会社 社員一同

保険の見直しご相談はこちらから 0942-34-3311

  • 保険のご相談・お問い合わせ:0942-34-3311
  • 事故のとき
  • cow television
  • テレビCM放映中!